ひとことブックス

電子書籍Kindleの本を中心に、おすすめの1冊をご紹介。長ったらしい説明文より、ひとこと「これ好きなんです」という誰かの言葉が、本を読むきっかけになると思うんです。

精神科医の教える ネガティヴな気持ちを整えるルーチン『「月曜日がゆううつ」になったら読む本』

ネガティヴな気持ちをたくさん抱えていては、鉛の重しをつけてジャンプしようとするようなものです。少しは鉛をかるくしたほうが、合理的です。それは、だれかに話す、紙に書いてみるなど、頭から物理的に外に放出していくことです。ー5章 思考と行動のクセを変えて元気を取り戻す7つのレッスン-前向きな気持ちは、捨てることから始まるー 『「月曜日がゆううつ」になったら読む本』

  

精神科医 西多昌規さんの著書『「月曜日がゆううつ」になったら読む本』より、気持ちを軽くする方法に関するひとこと。

 

この行動の効果は、経験上、なんとなく分かる人も多いのではないかと思われる。
そうやって、外に悩みを放出した上で、次は、ネガティヴな記憶から手を離すために、好きなことをするとよいのだそうだ。この順番が大事なのだろう。
 
「悩み事」と「不安な気持ち」というのは一見、イコールのように感じてしまうが、よくよく考えれば、実際には直結しているわけではない。「悩み事」をすぐに解決することは難しいかもしれないが、「整理」することは可能だ。そして、「不安な気持ち」は書き換えることができるということなのだろう。
 
自分の場合、スマホアプリを使って書いているtodoリストが、その役割を果たしているように思う。やるべき行動や仕事をすべて洗い出して整理することで、同じ効果が得られている気がする。
 
しかし、行動の意味や順番はあまり気にしていなかった。「整理して」→「忘れる」というルーチンは、今日から意識してみようかと思う。プラスして、ばくぜんと感じている不安もリストに書き出すとよりよいのかもしれない。
 
本書では、こうした「少しでも気持ちを軽くする努力」が、「ストレスに強い自分」をつくるには重要なのだと語られている。
 
「月曜日がゆううつ」になったら読む本

「月曜日がゆううつ」になったら読む本