ひとことブックス

電子書籍Kindleの本を中心に、おすすめの1冊をご紹介。長ったらしい説明文より、ひとこと「これ好きなんです」という誰かの言葉が、本を読むきっかけになると思うんです。

読書をしないと起こる弊害? 語彙や知的体力が身に付かないだけではない。

普段読書をしていないと、語彙が身につかない、知的体力がつかないだけでなく、思わぬ落とし穴に引っかかってしまうこともあります。それが、「ちょっとした名言にすぐ心を動かされ、そのまま座右の銘にしてしまうこと」。文脈を無視した一文に影響を受けてしまう、残念な人になってしまいがちだ、ということです。「語彙力こそが教養である」第2章 語彙力アップには名著が近道 よりー

 
大学文学部教授であり、教育やコミュニケーションの分野で多数の本を出されている、齋藤 孝さんの著書「語彙力こそが教養である」より、読書をしない弊害に関して、指摘したひとこと。

 

「ひとこと」に心動かされる経験をしたことのある人は多いだろう。しかし、その「ひとこと」を誰が、どのようなシチュエーションで言ったのか、文脈までしっかりと理解できているだろうか?
 
ちまたには、「名言」や「格言」など、引きの強い言葉を集めた本がいろいろと出回っているが、その言葉の表面だけをさらい、「これほど感動したことはない」「これから生きていく上での座右の銘にしたい」などと手ばなしで賞賛してしまっている人は少なくない。
 
電子書籍から学べる「すごいひとこと」というものをテーマにしている、このサイト「ひとことブックス」にとっても、耳の痛い指摘である。
 
しかしこれは、「ひとこと」で心動かされること自体が悪いと言っているのではない。そこで満足して、その「ひとこと」を間違った認識で「座右の銘」などと、風潮する姿は外から見ていて残念であり、なにより、もったいないと言っているのである。
 
「普段読書をしない人」は、その「ひとこと」が掲載されている、出展元を読んでみようという気持ちにはなりづらいかもしれない。
 
しかし、そんな「座右の銘“候補”」に出会えたことは「チャンス」であると、著者は言う。
 
心動かされたということは、そのひとことを書いた人の考え方を求めているということである。もし孔子の一言で心動かされたのなら、「論語」を読む。すると「ひとこと」なんてものじゃなく、50、100とすごい言葉や考え方が見つかる。
 
「ひとこと」を“きっかけ”として、本を手に取ることが重要なのである。もし今回の「ひとこと」で思うところがあれば、本書を手に取ってもらえればと思う。

 

語彙力こそが教養である (角川新書)

語彙力こそが教養である (角川新書)