読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとことブックス

電子書籍Kindleの本を中心に、おすすめの1冊をご紹介。長ったらしい説明文より、ひとこと「これ好きなんです」という誰かの言葉が、本を読むきっかけになると思うんです。

音で聴くから面白い!物語で学べるおすすめオーディオブック10選

まとめ まとめ-オーディオブック

あなたが「文字の本」ではなく、「音の本(オーディオブック)」を聞きたいと思うのは、どんなときだろうか?

自分の場合は、大きく2つに分かれる。

  

1つは、「文字を読むのがめんどくさい」ときである。言い方が乱暴で語弊があるかもしれないが、つまりは音声で聞いた方が「便利」だと感じるときだ。 

これは、分厚い本などでよく感じる。手ばなしで、ながら聞きをする前提で購入するのだ。

こちらは過去記事で詳しくまとめている。

 

2つ目は、「感情や物語にひたりたい」ときである。エンターテイメントとしての一般的な小説ももちろんであるが、物語というフォーマットを使った、学びを目的とした本に、より強く感じる。

 

これは自分の問題かもしれないが、学びを目的にした物語の場合、文字で読もうとすると、自身の「学ぶために読む」という気持ちが強いためか、飛ばして要点だけを読みたくなってしまう。それで実際に飛ばすことはないのだが、物語を読み進めることに若干のわずらわしさを感じてしまうのだ。

 

こういった物語形式の本は、要点だけでなく、活用事例としての物語と、それに付随した感情の流れがより大事だったりする。要点だけ読むなら初心者向けの解説書を読んだ方がいいだろう。

このことが原因で、一時期は物語形式の学びの本は避けていた。

 

だが、あるとき、それをオーディオブックで聞いてみると、なぜかすんなり聞けたのである。

理由を考えてみると、「没入感」の違いのようだった。文章が音になり、セリフが声になったことで、その本への自分の気持ちと関係なく、強制的に他人の演出した感情が乗っかってくる。それに引っ張られて、物語にのめり込んでしまうようである。

いまでは、物語形式の本ばかり好んで選ぶようになってしまった。

 

 

それでは後半では、そんな経過をたどって、大量に聞くようになった、物語が魅力的な学べるオーディオブックを、10冊紹介したいと思う。内訳は、心理学1冊、会計1冊、マーケティング2冊、経営2冊、ビジネススキル1冊、自己啓発3冊、となっている。

※並びはジャンル別になっており、ランキング形式ではない。
※オーディオブックは自身が1番活用している、「FeBe」からラインナップしている。
※音声では、わかりやすさ重視のためかとてもゆっくり読まれているので、1.5倍速か、2倍速で聞いた方が自然に聞けるかと思われる。

 

嫌われる勇気

最近話題のアドラー本であるが、テーマだけをみて小難しそうだと避けている人もいるかもしれない。しかし、そんな人の中には、これが哲学者と青年の対話形式で語られる、物語が魅力的な1冊だということに、気づいてない人も多いのではないだろうか。

Kindle版:嫌われる勇気

 

女子大生会計士の事件簿

公認会計士の山田真哉さんによって書かれた経済小説。短編集の構成で聞きやすい。

オーディオブック版の続編:「女子大生会計士の事件簿<後編>」
オーディオブック版の続編:「女子大生会計士の事件簿 Season2 <前編>」
オーディオブック版の続編:「女子大生会計士の事件簿 Season2 <後編>」
Kindle版:女子大生会計士の事件簿 DX.1 ベンチャーの王子様<女子大生会計士の事件簿> 

 

白いネコは何をくれた?

マーケティングを仕事だけでなく、生活や人生に活用していこうとする、ネコとサラリーマンの物語。

Kindle版:白いネコは何をくれた?

 

100円のコーラを1000円で売る方法

こちらもマーケティングをテーマにした1冊。女性の役を演じる男性ナレーターの演技が、すごくしっくりきている。

オーディオブック版の続編:「100円のコーラを1000円で売る方法2」
オーディオブック版の続編:「100円のコーラを1000円で売る方法3」
Kindle版:100円のコーラを1000円で売る方法

 

戦略参謀

経営コンサルタントの稲田将人さんが、経営企画の仕事について描いた1冊。今回の10冊の中でもっともリアルに書かれているように思う。

オーディオブック版の続編:「経営参謀 戦略プロフェッショナルの教科書 」
Kindle版:戦略参謀

 

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

最近、続編が発売され、また本屋の棚で見かけるようになった。早く続編もオーディオブックになってくれると嬉しいのだが…

Kindle版:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
Kindle版の続編:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

 

ザ・ファシリテーター

プロジェクトを円滑に進めるスキルである「ファシリテーション」の具体的な手法を、うまく物語に落とし込んでいる。

オーディオブック版の続編:「ザ・ファシリテーター2―理屈じゃ、誰も動かない!」
Kindle版:ザ・ファシリテーター

  

ユダヤ人大富豪の教え

人気の自己啓発本。おじいちゃん大富豪の声がとてもいい。個人的には2巻のアメリカの物語が好きである。

オーディオブック版の続編:「ユダヤ人大富豪の教え<2>」
オーディオブック版の続編:「ユダヤ人大富豪の教え―ふたたびアメリカへ篇」
Kindle版:ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣

 

仕事は楽しいかね?

これもおじいちゃんの声がいい。(おじいちゃんばかり推してもしょうがないのだが…)自己啓発的な内容だからこそ、落ち着く声というのはとても合っているように思う。

書影
[オーディオブック版]
仕事は楽しいかね?
著者:デイル・ドーテン/著、野津智子/訳
再生時間:倍速で1時間59分
オーディオブック配信サービス「FeBe」

オーディオブック版の続編:「仕事は楽しいかね?2」
オーディオブック版の続編「仕事は楽しいかね?最終講義」
Kindle版:仕事は楽しいかね?

 

夢をかなえるゾウ

続編のオーディオブック化がとても早く、配信されてすぐに購入した。ゾウの関西弁のクオリティーがいい味を出している。

オーディオブック版の続編:「夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神」
オーディオブック版の続編:「夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え」
Kindle版:夢をかなえるゾウ

 

 

以上、ここまでが自身も読んだ上でおすすめしたい10冊なのだが、現在自分が読みたいと思っている1冊もせっかくなので一緒に紹介したいと思う。(実際に読んでみると、この本は「学び」というより、エンターテイメント寄りかもしれないが…)

 

世界から猫が消えたなら

2015年11月13日にオーディブック化されたばかりの川村元気さんの1冊。声優は、最近だとジョジョの空条承太郎や、おそ松さんの松野十四松の声をあてられていた、小野大輔さんが担当されているようなので、それだけでもうわくわくしている。

Kindle版:世界から猫が消えたなら