読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとことブックス

電子書籍Kindleの本を中心に、おすすめの1冊をご紹介。長ったらしい説明文より、ひとこと「これ好きなんです」という誰かの言葉が、本を読むきっかけになると思うんです。

本を読むことで得たいのは知識じゃなくて◯◯◯。『頭は「本の読み方」で磨かれる』

科学にかぎらず、知性というのは、「どれだけたくさんの人の立場で考えられるか」ということだとぼくは思います。それは「読む」ことによって養われる力なのであり、知的活動の現場で、実際に重要視されているのが、積極的な読書なのです。ーこれが“自分の頭だ考える力”をつける第1歩ー 『頭は「本の読み方」で磨かれる』

 
脳科学者 茂木健一郎さんの著書『頭は「本の読み方」で磨かれる』 より、読書がもたらす効果に関するひとこと。
 

 科学においても、別の立場に立って考えられるかどうかが、なにより重要なのだと本書の中では語られている。本から得られるのは知識だけでなく、そんな別視点の思考だというのである。

 
そう考えると、自分とは違った考えの本を読むというのが、視界を広げる上では役に立ちそうである。読書をする際には、手に取った本によって、好き嫌いや賛否、納得感なども違ってくるが、自分とは違う著者の思考プロセスを理解できたかどうか、ということが大切なのだろう。
 
「教養を学ぶために読書をしよう」なんて言葉を、雑誌などでみかけると、天邪鬼な自分は「ただ常識や知識を増やすために読むのはなぁ」と、なんとなく反発する気持ちがあるのだが、「別の立場、別の時代、別の場所の人の思考を、流れとして学ぶ」と置き換えてみると、なんとなく面白そうに感じてくる。自分にとって読みづらく、手に取れなかった本というのがあるのだが、それはその本の思考プロセスが自分の中にまだなかったのも、一因なのかもしれない。これを機に、そんな本に手を出してみるのも面白いかもしれないなと思った。

 

頭は「本の読み方」で磨かれる

頭は「本の読み方」で磨かれる